1. HOME
  2. アート解説
  3. グラフィック&ストリート
  4. KAWSとは?人気作品と経歴を3分で解説
グラフィック&ストリート
KAWS_head

KAWSとは?人気作品と経歴を3分で解説

KAWSとは?

KAWS(カウズ 本名:ブライアン・ドネリー)はアメリカのニュージャージー州出身、ブルックリンを拠点に活動するグラフィティ・アーティスト。「KAWS」という名はグラフィティアートによく用いられる自分の名前を意味する「タグ」を描く行為(タギング)で使用していたもの。アーティスト活動を始めた当初はタギングを主に行なっていたが、1990年代にニューヨークのビルボード広告や公衆電話ボックスの広告に独自のアートを加えて意味を改変する「Subvertising(サブバータイジング)」というスタイルのストリートアートで有名になる。ペインティング、ドローイング、彫像だけでなくプロダクトデザインまで手がける。

KAWS(Brian Donnelly) photo:Nils Mueller for Wertical
画像引用:https://media.and-art.jp

ビビットな色使いとポップなキャラクターの目に「××」マークを施した作風が特徴で、様々な既存のアニメキャラクターをモチーフにした作品も多数存在し、どれも落ち込んでいるように俯いていたり、泣いているように手で顔を覆っていたりとシニカルな印象を受ける作品が多い。

また、「Dior(ディオール)」「Supreme(シュプリーム)」「Nike(ナイキ)の」「A BATHING APE®(ア・ベイシング・エイプ)」などのアパレルブランドとのコラボや、「Kanye West(カニエ・ウェスト)」などのミュージシャンのカバーアートの実施までその活動範囲は多岐にわたる。

KAWSの制作風景やイメージビデオはYouTubeでも視聴することができる。

KAWSは日本でも大人気

KAWSは日本でも非常に人気が高い。KAWSとユニクロのコラボレーションでセサミストリートのキャラクターをモチーフにした作品がデザインされたTシャツが販売されたことで日本でのKAWSの知名度が高くなり、また「KAWS×PEANUTS」のトリプルコラボレーション企画ではスヌーピーのぬいぐるみが大人気で品薄状態が続いた。

uniqlo-ut-kaws-peanuts-snoopy-release-20170428

UNIQLO「 KAWS×PEANUTS」ぬいぐるみ 
画像引用:https://godmeetsfashion.com

他にもiPhoneケースやフィギュアなどアイコニックなKAWSのグッズは人気が高い。

またKAWSは日本と関わりが深く、過去には日本でも作品を制作している。彼の代表的なキャラクターである「コンパニオン」が世界中を旅するというコンセプトで、世界各地で巨大な立体作品を制作する《KAWS :HOLIDAY》というプロジェクトを実施した際、日本では2019年に富士山の麓に全長40メートルもの巨大コンパニオンの彫刻を制作した。日本の象徴でもある富士山に劣らぬ存在感で悠々と気持ちよさそうに寝そべる巨大なコンパニオンが印象的だ。この作品のキックオフイベントにはKAWS本人はもちろん国内外の著名人が参加するなど大変な注目を集めた。

KAWS HOLIDAY, 2019 © KAWS, photograph by @hirokingraphy courtesy AllRightsReserved
画像引用:https://media.and-art.jp

2020年には拡張現実(AR)や仮想現実(VR)を制作するアキュート・アート(Acute Art)と協力し、スマートフォン用ARアプリ「Acute Art」で KAWSの作品を購入、鑑賞、発見できるサービス「EXPANDED HOLIDAY」を開始した。それに伴い、日本では渋谷のスクランブル交差点に巨大AR彫刻を展示し、大きな話題を生んだ。

《COMPANION (EXPANDED)》2020 © KAWS, image courtesy Acute Art
画像引用:https://www.kaws-tokyo-first.jp

KAWSはなぜ人気なのか

・人気キャラクターをモチーフとして起用

画像引用:https://sniffingeurope.com

 KAWSはシンプソンズ、セサミストリートやミシュランマンなど世界的な人気キャラクターをモチーフにした作品を制作する。彼は1996年までフリーランスのアニメーターとしてディズニーのスタジオで働いていたこともあり、そこでアニメキャラクターを著作権ギリギリのラインで描く技術を身につけたという。KAWSの代名詞とも言えるバツ印を施された人気キャラクターは、例えKAWSのことを知らない人でも親近感を覚えるだろう。

・ファッション界に人気

ディオール、キム・ジョーンズによるメンズ新作 - KAWSの“BEE”モチーフ&ロゴのウェアやバッグ - 写真1

Photographer Steven Meisel 
画像引用:https://www.fashion-press.net

KAWSはアパレルブランドとも多数コラボレーションしていることから、ファッションに興味のある若い世代からも人気が高い。KAWS自身も「オリジナルフェイク」というファッションブランドを立ち上げ、おもちゃやファッションアイテムの制作を行なったほどだ(2013年5月にクローズ)。こうした業界の垣根を越えたコラボレーションはアーティストの知名度を上げることにも役立ち、戦略的なコラボレーションがKAWSの人気を上げる理由とも考えられる。

・色彩豊かでアイコニックな作品

《URGE》画像引用:https://and-art.jp/works/27

KAWSの作品の特徴といえば、鮮やかな色使いと「××」のマーク。特にバツ印はこれだけでKAWSの作品だと認知できるほどに彼の作品のアイデンティティになっている。KAWSの作品は非常にアイコニックで、キャラクターのフォルムや表情も可愛らしい。子供から大人まで親しみやすく、覚えやすいことも彼の作品の人気理由だろう。

・革新的な制作

KAWSの制作は非常に大胆だ。先述した富士山の麓に設置された体長40メートルの彫像や、最先端技術を使用した展示など常に新しい制作に挑戦している。さらに2020年に制作された『KAWS:HOLIDAY SPACE』では、宇宙飛行士の姿をしたコンパニオンが上空41.5キロメートルまで打ち上げられ他様子を撮影した動画を公開した。この作品はコロナ禍でも自宅で安心して作品を鑑賞してほしいという想いから制作された。このように革新的な発想で日々我々を驚かせてくれることもKAWSの魅力だ。

KAWSの作品に触れる

【1】KAWS-TOKYO-FIRST-展覧会ビジュアル-1-1200x900

KAWS TOKYO FIRST 展覧会ビジュアル 
画像引用:https://media.and-art.jp

2021年7月16日から10月11日まで国内初のKAWS大型展覧会「KAWS TOKYO FIRST」が開催される。会場は六本木ヒルズ森タワーの52階にある森アーツセンターギャラリー。この展覧会ではコマーシャルアートからファインアートまで網羅するKAWS作品の視覚的アプローチに迫り、制作初期の作品から最新作までの絵画や彫像、プロダクト、さらにはKAWSが保有するプライベートコレクションなど150点以上の作品を展示予定。そのユニークな芸術制作の軌跡や美術史的意義をたどる。展覧会名「KAWS TOKYO FIRST」は2001年に渋谷パルコで自身日本初の個展を開催した時と同じもので、20年後の今「原点復帰」の思いが込められている。今回の展示会場や主催は2019年に大人気を博した「バスキア展」と同じということもあり、より一層期待が高まる。バスキア展にはKAWS自身も実際に足を運んだそうだ。展覧会サポーターは俳優の新田真剣佑が務め、会場で無料で聞くことができる音声ガイドのスペシャルトラックにも参加している。

KAWS SEEING, 2018 © KAWS, photograph by Jonty Wilde
画像引用:https://media.and-art.jp

「KAWS TOKYO FIRST」公式HP https://www.kaws-tokyo-first.jp/#/

KAWSの作品価格は?

KAWSの作品は現在高値で取引されている。2019年4月にサザビーズ香港で開催された、NIGO®の個人コレクションオークション「NIGOLDENEYE® Vol. 1」にて KAWSの《THE KAWS ALBUM》が1478万4505ドル(約16億4700万円)で落札された。これは予想落札価格の約15倍の価格で、KAWSのオークションレコード1位の記録となっている。

《THE KAWS ALBUM》
画像引用:https://www.sothebys.com

KAWSはこれに対して自身のinstagramで「なんて奇妙な朝……。私は、私の作品がこんなふうに売れると思うか?―いいえ。今朝スタジオに着いたのは、いつもと同じ時間だったか?―はい。明日も同じようにするか?―はい」と素直な驚きの声を漏らしている。

また、2021年5月20日に行われたマレットアートオークションにてANDARTでも取扱のあるKAWSの《URGE》が予想落札価格500万円〜700万円を大きく上回る10,834,500円(手数料込)で落札された。

ANDARTでKAWSの《URGE》を確認する

KAWSの作品はメディコムトイやフィギュアなどのグッズやポスターにもなっており、これなら手が届きやすいものも販売されている。価格は数千円~数百万円のものまでピンキリで、楽天市場やヤフオクでも購入することができる。 可愛らしく、インテリアとして部屋に飾りやすいのでおすすめだ。

KAWSのオーナー権を購入できる

ANDARTではKAWSの作品を取り扱っている。オーナー権とは各アート作品の価格からANDARTが数量限定で発行し、優待を受けられる会員権のこと。ANDARTでは KAWSのようなアーティストの作品も、“シェアする”という形で気軽にコレクションすることができる。そして価値が上がったアート作品のオーナー権はサービス内で簡単に売買することができ、そこで利益を得ることができる可能性もある。真贋の判断が難しい作品もこういったサービスを通すことで安心して所有することができる。

また、オーナーには特典や優待イベントなどもあるので、デジタル上で手軽にアートコレクションしたい人や部屋に作品を置くスペースがない人、アートのオーナー権を投資感覚で売買してみたい方などはぜひ利用して欲しい。

まとめ

KAWS NEW TURN, 2020 © KAWS, photograph by Farzad Owrang, Shanghai Powerlong Museum Collection
画像引用:https://media.and-art.jp

アートだけでなく、幅広いジャンルで活躍を続ける KAWS。彼の大胆かつ革新的な創作活動は人々を飽きさせず、さらに今年日本で開催される大型展覧会でもさらなる人気が高まることが予想できる。常に新しい挑戦を行うKAWSの活動に今後も注目していきたい。