注目を集めるアート市場、鑑賞だけにとどまらないその魅力

アートは人の想像力や感性を刺激し、心を豊かにする存在として人々を魅了し続けてきました。 現在、益々アートは世界中からの注目を集めています。 テクノロジーが発達し利便化が進んだ今だからこそ新しい視点で全体を捉え創造する力、 続きを読む

半世紀以上にわたって活躍を続ける「水玉の女王」草間彌生

水玉やカボチャのモチーフで知られる現代日本を代表するアーティストの1人。10歳の頃より幻視のイメージから来る水玉模様などの絵画を描き始め、1957年に単身渡米。巨大な平面作品、ソフト・スカルプチュア(柔らかい彫刻)などを 続きを読む

印象的な子どもの絵で日本のアートシーンに革命を起こした 奈良美智

子どもをモチーフにした絵画で知られる現代日本を代表するアーティストの1人。日本とドイツで美術を学び、1988年から2000年にかけて海外を拠点に活動。1995年の個展「深い深い水たまり」で拗ねたような独特の眼差しの子ども 続きを読む

withコロナの新時代、台湾人アーティストが世界中の人々とその先の物語を創るオンライン展覧会「Human Being: COVID -19」

2020年5月、ギャラリーノマルでは、気鋭の台湾人アーティスト張騰遠(チャン・テン・ユアン)の個展の開催が予定されていたが、新型コロナウィルスCOVID -19の流行により、アーティスト本人は来日が出来なくなってしまった 続きを読む

アートは資産価値以外のプラスアルファのものがある

ユーザーインタビュー第3回目は、IT系ベンチャーで活躍されている葛西さんへお話を伺いました。アートに興味を持った経緯からインタビューは始まり、実際に共同保有を始めてみて生まれたアートに対する想いの変化や今後の期待をお話し 続きを読む

【ビジネス×アート入門】 GMOインターネットグループ代表・熊谷正寿氏から学ぶ。 アートの必要性と感性の磨き方

「インターネット時代は感性の時代。」 そう語るのは、GMOインターネットグループの代表取締役会長兼社長の熊谷正寿氏。イギリスを代表する現代美術家ジュリアン・オピーの世界的コレクターであり、アートへの造詣が深いことでも知ら 続きを読む

匿名を貫きながら社会問題に根ざした批評的な作品を手がけるグラフィティアーティスト バンクシー

バンクシーはイギリス出身で匿名で活動するアーティスト。2018年にオークションでの落札直後に作品がシュレッダー裁断されるという事件で話題をさらった。2019年に東京都港区の防潮堤にバンクシーの作品と思われるネズミの絵が発 続きを読む

シンプルな点と線で多彩な世界を表現する、現代イギリスを代表するアーティスト ジュリアン・オピー

イギリスを代表する現代アーティストの1人。最小限の点と線で構成されたポートレート、風景などを、絵画、彫刻、アニメーションなど様々なメディアで展開。日本美術にも造詣が深く、広重や歌麿などの浮世絵コレクターとして知られ、輪郭 続きを読む