半世紀以上にわたって活躍を続ける「水玉の女王」草間彌生

水玉やカボチャのモチーフで知られる現代日本を代表するアーティストの1人。10歳の頃より幻視のイメージから来る水玉模様などの絵画を描き始め、1957年に単身渡米。巨大な平面作品、ソフト・スカルプチュア(柔らかい彫刻)などを […]

続きを読む

印象的な子どもの絵で日本のアートシーンに革命を起こした 奈良美智

子どもをモチーフにした絵画で知られる現代日本を代表するアーティストの1人。日本とドイツで美術を学び、1988年から2000年にかけて海外を拠点に活動。1995年の個展「深い深い水たまり」で拗ねたような独特の眼差しの子ども […]

続きを読む

匿名を貫きながら社会問題に根ざした批評的な作品を手がけるグラフィティアーティスト バンクシー

バンクシーはイギリス出身で匿名で活動するアーティスト。2018年にオークションでの落札直後に作品がシュレッダー裁断されるという事件で話題をさらった。2019年に東京都港区の防潮堤にバンクシーの作品と思われるネズミの絵が発 […]

続きを読む

シンプルな点と線で多彩な世界を表現する、現代イギリスを代表するアーティスト ジュリアン・オピー

イギリスを代表する現代アーティストの1人。最小限の点と線で構成されたポートレート、風景などを、絵画、彫刻、アニメーションなど様々なメディアで展開。日本美術にも造詣が深く、広重や歌麿などの浮世絵コレクターとして知られ、輪郭 […]

続きを読む

20世紀後半を代表するポップ・アーティスト アンディ・ウォーホル

アンディー・ウォーホルは、アメリカの消費社会と大衆文化の時代を背景に、ジャンルを超えたマルチクリエイターとして活躍した20世紀後半を代表するアーティスト。『タイム』誌の”20世紀で最も影響力のあった100人の […]

続きを読む

イラストからキャリアをスタートし、海外で才能を見出された気鋭の日本人画家 五木田智央 <後編>

五木田智央はイラストレーションからキャリアをスタートし、1960~70年代アメリカのサブカルチャーやアンダーグラウンドの雑誌や写真にインスピレーションを受けた作品を展開する現代日本を代表する画家。黒と白のモノクロームを基 […]

続きを読む

イラストからキャリアをスタートし、海外で才能を見出された気鋭の日本人画家 五木田智央 <前編>

五木田智央はイラストレーションからキャリアをスタートし、1960~70年代アメリカのサブカルチャーやアンダーグラウンドの雑誌や写真にインスピレーションを受けた作品を展開する現代日本を代表する画家。黒と白のモノクロームを基 […]

続きを読む