1. HOME
  2. アートニュース
  3. 【オーナー権抽選販売】ANDARTにて新しくバンクシーの《Napalm》のオーナー権販売を開始します
アートニュース

【オーナー権抽選販売】ANDARTにて新しくバンクシーの《Napalm》のオーナー権販売を開始します

世界的に注目を集め続けるストリートアーティスト、バンクシー。
今回も多数のオファーが予想されるため、ANDARTオーナー限定の抽選販売を行います。

抽選販売について

明日5月21日(金)正午12:00から抽選販売の受付を行います。

■応募締切:5月25日 (火) 正午12:00
■応募条件:5月25日 (火) 正午12:00時点でANDARTでオーナー権を1枠以上お持ちの方

さらに、保有しているオーナー権が多いほど当選確率が上がります!

  • 10枠以上保有:確実に購入できます
    (10枠以上お持ちのオーナー様からの申込枠数が販売枠数を超えた場合は、一部枠のみの当選、抽選となる場合がございます。)
  • 3枠以上10枠未満保有:当選確率がUPします
  • 1枠以上保有:抽選に参加できます

※本作品(バンクシー《Napalm》)のオーナー権ではなく、既に一般販売されているオーナー権の保有が対象です。

以下リンクよりご応募いただけます。
▶︎抽選応募フォーム https://forms.gle/7bYCuxgMmxrSqzv86

※オーナー権をお持ちでない方からのご応募は無効となります。ご了承ください。
※応募時点でオーナー権を所有していない場合も、締切までにオーナー権をご購入いただいていることが確認できた場合、応募は有効とみなします。
※銀行振込でオーナー権をご購入される場合は締切日の5月25日(火) 正午12:00 時点で振り込みが完了している場合、応募は有効とみなします。
※多数の枠をご注文いただいた場合は、一部の枠のみ当選となる場合があります。

応募締切以降、5月26日 (水) 中に当選落選に関わらず応募者全員にメールにて結果を順次ご連絡致します。

Napalm》

人気キャラクターと歴史的な有名写真をモチーフに使用。バンクシーらしいメッセージ性の強い作品

ミッキーマウスとドナルド・マクドナルドに手を引かれ、裸で泣き叫ぶ少女が印象的な本作。アメリカの人気キャラクターは、バンクシーが反資本主義絵表現する際にたびたび使用する代表的なモチーフである。中央の泣き叫ぶ少女は1972年に撮影されたベトナム戦争の有名な写真から切り取ったものだ。ベトナム戦争にて投下された「ナパーム弾」の被害を受け、火傷を負った当時9歳のキム・フックさんらを写した写真は世界中の新聞に掲載され、この写真に共感した人々が反戦運動を起こすほど大きな影響力を持った。有名キャラクターをモチーフにすることで一見可愛らしくキャッチーな作品に思えるが、少女の背景を知ると反資本主義や反戦について考えさせられるBanksyらしいメッセージ性の強い作品となっている。本作も他バンクシー作品と同様に、バンクシーが自身の作品の販売や真贋鑑定を行うために設立した機関「ペストコントロール」による証明書つきの真作。