1. HOME
  2. アートニュース
  3. 6月7日開催 フィリップスオークション(香港)落札額Top5 作品解説
アートニュース
草間彌生≪南瓜≫

6月7日開催 フィリップスオークション(香港)落札額Top5 作品解説

2021年6月7日 11:00より、Phillipsの「20 世紀 & コンテンポラリー アート & デザイン デイ セール」がマリオットホテル香港にて開催された。この記事では、本オークションで落札価格の高かった上位5作品と、ANDARTで取り扱いがあり、国内でも人気の高いアーティスト「ロッカクアヤコ」、「バンクシー」、「奈良美智」の作品の落札結果を紹介する。(落札価格は手数料込み、1香港ドル=14.12円 (6月7日6:00時価) で計算)

1) 刘野(Liu Ye) ≪The Second Story≫ (1995)

落札額:約1.85億円 (1,308万香港ドル)

刘野(Liu Ye) ≪The Second Story≫ (1995)
画像引用:https://www.phillips.com/

北京を拠点とする現代中国の画家、刘野(Liu Ye)の油彩画。美的、歴史的、文学的に豊かな作品で知られている。夢のようなイメージは、彼が子供の頃に好きだったおとぎ話や、ヨーロッパでの教育から着想を得ている。1980年代後半から1990年代の大部分をヨーロッパで過ごした後、北京に戻ってきた最初の年に描かれた本作 ≪The Second Story≫ は、現実とシュルレアリスムの間を行き来し、マグリット影響を受けた画家たちの作品へのオマージュとなっている。最高予想落札額の倍以上となる1,308万香港ドル (約1.84億円)で落札された。

予想落札額:約6,354万円 (450万香港ドル) 〜 約9,178万円(650万香港ドル)

2) 草間彌生 Pumpkin≫ (1990)

落札額:1.78億円 (1,259万香港ドル)

草間彌生 ≪Pumpkin≫ (1990)
画像引用:https://www.phillips.com/

草間彌生によるアクリル画。南瓜は草間の作品の中でも最も象徴的なモチーフであり、70年以上にわたり、絵画、ドローイング、彫刻、インスタレーションなどの作品で、寓意として、また自画像として本能的に表現されてたもの。草間は小学生の頃からカボチャの絵を描き始めたが、その頃から後に彼女の芸術活動を特徴づける幻覚症状が現れていた。”閃光、オーラ、点の密集したフィールド”に加え、しゃべる花や布のパターンが浮かび上がり、増殖して彼女を飲み込み、消滅させようとした。幻想的な水玉や花に怯えながらも、彼女はカボチャとの出会いに慰められていたという。予想落札額のほぼ倍となる1,259万香港ドル (約1.78億円)で落札された。

予想落札額:約6,778万円 (480万香港ドル) 〜 約9,602万円 (680万香港ドル)

3) ハビア・カジェハ (Javier Calleja) ≪No Step Back≫ (2019)

落札価格:約9,234万円 (654万香港ドル)

ハビア・カジェハ (Javier Calleja) ≪No Step Back≫
画像引用:https://www.phillips.com/

ハビア・カジェハ (Javier Calleja)は、スペインのアーティスト。彼の作品は、日常生活のさまざまな出来事にちょっとした仕掛けを加えることによって、驚きとユーモアを与えるトリックに満ち溢れている。ルネ・マグリットが好きだというカジェハは、その技法を参考にしながら現代的な肖像画において再解釈しようとチャレンジをしている。奈良美智作品のような親しみやすさも感じられる画風だが、彼は2007年にマラガ現代美術館での奈良の個展をサポートした経験があり、その手法やスタイルに影響を受けているという。本作は2019年という新しい作品でありながら、予想の3倍以上となる価格で取引が成された。

予想落札価格:約2,118万円 (150万香港ドル) 〜 約2,824万円 (200万香港ドル)

4) KAWS ≪UNTITLED (STORMTROOPER)≫ (2000)

落札価格:約8,896万円 (630万香港ドル)

KAWS ≪UNTITLED (STORMTROOPER)≫ (2000)
画像引用:https://www.phillips.com/

KAWSは、絵画、壁画、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、ストリートアート、大規模な彫刻など、アートとデザインの世界を横断する多彩な作品で知られるアメリカの現代アーティスト。1990年代後半から『スター・ウォーズ』シリーズに登場する銀河帝国のエリート宇宙兵であるストームトルーパーのような象徴的なキャラクターを、キャンバス、彫刻、玩具、路上などのさまざまな作品に登場させてきており、これらのマッシュアップは、現代社会における大量消費の概念や、現代美術の言説における大衆文化のイメージの重要性を探求する彼の活動の特徴を表している。写真の上にアクリル絵の具で描かれた本作は、KAWS初期の代表的な作品であり、彼の芸術的要素を最もよく表しており、予想落札価格の約2.4倍となる630万香港ドルで落札された。

予想落札価格:160万香港ドル〜260万香港ドル (2,256万円〜3,666万円)

5) 黄玉星(Huang Yuxing) ≪Bubbles≫ (2017)

落札価格:約8,175万円 (579万香港ドル)

黄玉星(Huang Yuxing) ≪Bubbles≫ (2017)
画像引用:https://www.phillips.com/

黄玉星(Huang Yuxing)は、中国の現代アーティスト。彼の作風は、1970年代以降の”中国の社会政治的なイメージを描く”という同世代のアーティストの傾向からは大きく外れている。それに代わり、彼は社会の変化する様子を、爆発的に描かれた「泡」というモチーフに変換し、幽玄な感覚の動きを視覚的に捉えている。彼の作品を貫く緻密な筆致と強烈な色彩は、中国の伝統的なリアリズム技法である「拱壁中彩」に基づいているが、これらの原則を基に特徴的な現代的なスタイルを確立し、進化し続けている。

予想落札価格:55万香港ドル〜75万香港ドル (776万円〜1,057万円)

ANDART取扱いアーティスト落札情報

ロッカクアヤコ ≪Untitled ARP 18-022≫ (2018)

落札価格:約4,977万円 (353万香港ドル)

ロッカクアヤコ ≪Untitled ARP 18-022≫ (2018)
画像引用:https://www.phillips.com/

20歳頃から独学で絵を始め、絵筆を使わず手に直接絵の具をつけて、段ボールやキャンバスに描く独特のスタイルを確立するロッカクアヤコ。ファンタジー感あふれるカラフルな色彩で、勢いよく表情豊かな少女のモチーフを描く、ロッカクらしい作風の作品。最近の若手作家の中で、目を見張る価格上昇を見せており、本作は予想落札価格の6倍近い価格で落札された。

予想落札価格:約565万円 (40万香港ドル) 〜 約847万円 (60万香港ドル)

このほか、本オークションではロッカクアヤコの ≪Untitled≫ も、予想落札価格の6倍以上となる約4,254万円 (302万香港ドル) で落札されている。急激な人気の高まりに、今後も目が離せないアーティストの1人だ。

ロッカクアヤコ ≪Untitled≫
ロッカクアヤコ ≪Untitled≫ 画像引用:https://www.phillips.com/

バンクシー ≪Choose Your Weapon – Bright Pink≫ (2010)

落札価格: 約2,852万円 (202万香港ドル)

バンクシー ≪Choose Your Weapon - Bright Pink≫ (2010)
画像引用:https://www.phillips.com/

バンクシーの ≪Choose Your Weapon≫ は、2010年にさまざまな背景色でリリースされたスクリーンプリントであり、本作はその ”Bright Pink” バージョン。吠える犬のモチーフは、ストリートアーティスト キース・ヘリングの作品に由来しており、ヘリングへのオマージュと考えられている。ヘリングのグラフィック スタイルは、バンクシーのステンシルとは対照的であり、これによってバンクシーのメッセージを強調しているようだ。

予想落札価格:約565万円 (40万香港ドル) 〜約847万円 (60万香港ドル)

▍奈良美智 ≪Twelve works≫ (2002)

落札価格:約2,847万円 (202万香港ドル)

奈良美智 ≪Twelve works≫ (2002)
画像引用:https://www.phillips.com/

奈良美智初のエッチング作品12点。後に出版された版画とは異なり、エッチングの原版を奈良自らが制作したものだという。35セットの限定生産。12点の作品には、奈良の象徴的な題材である、大きな目のパステルカラーの子供や動物が、シンプルで様式化された線で生き生きと描かれ、またそれぞれに奈良の皮肉たっぷりのキャッチフレーズに由来するタイトルが付けられている。

予想落札価格:約1,694万円 (120万香港ドル) 〜 約3,106万円 (220万香港ドル)

メルマガでは先行してオークション速報を発信。会員登録で是非こちらもチェック。