1. HOME
  2. アートマーケット
  3. OpenseaでNFTをはじめてみよう!②買い方編
アートマーケット
NFT買い方編

OpenseaでNFTをはじめてみよう!②買い方編

必要なアカウントを開設して、これでNFTの準備編は完了したね!

お疲れさま!準備ができたら、まずはOpenseaで自分の好きな作品を探してみよう!
まだ準備ができてない人は準備編を参考に始めてね!

〜NFTの買い方〜

STEP1:作品を探す

1)「Explore」から作品を探す

openseaexplore

いっぱい作品があるんだね!どれにしようか迷っちゃうな・・・

フィルターをかけて検索できるからやってみて!Exploreの隣にある「Stats」からは、人気ランキングも見ることができるから、まずはそこでリサーチするのも良いよね

【フィルターの種類】
Status:販売形式。「Buy Now(今すぐ購入できるもの)」On Auction(オークション中のもの)」「New(新着)」「Has Offers(オファーを受け付けているもの)」
Price:価格帯
Collection:プロジェクトの名前(Bored Apes、Crypto Punksなど)
Category:アートや写真、音楽、ドメインなどのカテゴリー
Chains/ On Sale In:通貨の種類(ETH、WETH(※)でOK)

気になる作品が見つかったらいよいよ購入のステップだよ!購入方法にはいくつかパターンがあるよ

STEP2:作品を購入する

1)固定価格で購入する場合

opensea買い方

┗「Buy Now」は表示されている価格で今すぐ購入できるよ。クリックして値段、購入するNFTが正しいかどうかを確認したらMetaMaskが起動するので決済を完了しよう
┗NFT購入時には「ガス代」と呼ばれる手数料がプラスで発生するから注意してね

2)オファーを送る・入札して購入する場合

sendoffer

┗「Buy Now」のとなりにある「Make offer」は、希望購入金額のオファーを送って出品者と交渉もできるよ!「Offer Expiration」から自分で期間を設定することができるよ

┗オークション中のものは「Place bid」から入札ができるよ!作品それぞれオークション期間が違うので、確認してから入札しよう

オファーと入札をする時は、この「WETH(ラップドイーサ)」(※)が必要になるから、「Convert ETH」をクリックしてETHをWETHに交換してね!

3)ETHをWETHに交換する

convertweth

┗ETHを交換するために、自動的に「Uniswap」というサイトが開くよ
┗「トークンを選択」からETHを選んで、交換したいWETHの値を入力してね
┗MetaMaskに接続して、交換する価格を確認しよう。ここでも「ガス代」がかかるよ!
┗交換できたら、それぞれ次の画面に進んでオファー・入札をしよう!

これがOpenseaでの買い方の基本だよ!どうだったかな?

一番注意することは手数料だね。少し余裕を見てMetaMaskに入金したほうが良さそう。あとは一般的なインターネットショッピングと同じ感覚で出来そうだから安心した!

じゃあ次はNFTの作り方を見ていこう!

(※)WETH=「Wrapped ETH(ラップドイーサ)」とは
ETHは「ERC-20」(イーサリアムブロックチェーンの共通規格)の標準に従っていないため、そのままでは他のERC-20の標準に従ったトークンと交換することができません。WETHはETHをラッピングし、ERC20の規格にするための機能を持っています。つまり、交換されたWETHはイーサリアム上のさまざまなブロックチェーンのトークンと直接交換が可能になります。


ANDARTでは、オークション速報やアートニュースをメルマガでも配信中。無料で最新のアートニュースを受け取ることができるので是非チェックしてください。

無料会員登録

写真・文:ANDART編集部