1. HOME
  2. アートマーケット
  3. バスキアの重要作品がトップに。話題のNFTも。11/9開催クリスティーズオークション落札価格トップ5
アートマーケット

バスキアの重要作品がトップに。話題のNFTも。11/9開催クリスティーズオークション落札価格トップ5

2021年11月9日、クリスティーズオークション「21st Century Evening Sale」がニューヨークで開催。「ピクチャー・ジェネレーション」と呼ばれる世代の先駆的なアーティストの全40作品が出品された。本記事は落札価格トップ5の作品とANDARTに関連するアーティストの落札情報をピックアップして紹介。落札価格は1ドル=112.85円(11月9日終値)で計算、手数料込み。

5)バンクシー《Sunflowers from Petrol Station》

落札価格:約18億8,108万円($14,558,000)

《Sunflowers from Petrol Station》(2005年)
画像引用:https://www.artprice.com/

イギリスのストリートアーティスト・バンクシーによる、ゴッホの《ひまわり》をオマージュした作品。本作は、ファッションデザイナーのポール・スミスがコレクションしていたもので、今回のオークションの目玉作品のひとつ。タイトルは日本語で「ガソリンスタンドのひまわり」という意味で、枯れてしまったガソリンスタンドの花で、芸術と自然の両方が消費主義の手によって汚染されていることを比喩的に表現している。

予想落札価格:約13億5,420万円〜20億3,130万円($12,000,000 – 18,000,000)

4)ジャン=ミシェル・バスキア《Flash in Naples》

落札価格:約25億6,165万円($19,825,000)

《Flash in Naples》(1983年)
画像引用:https://www.artprice.com/

赤の全身タイツに胸の稲妻マークがアメリカンコミックのキャラクターを想起させるポップな作品。1960年に生まれ、88年に短い生涯を終えたジャン=ミシェル・バスキア。1982年から本作を制作した1983年頃は、バスキアが将来を期待された有望なストリートアーティストから世界的画家へと変貌を遂げた重要な時期と言われている。

予想落札価格:約15億7,990万円〜20億3,130万円($14,000,000 – 18,000,000)

3)Beeple《HUMAN ONE》

落札価格:約37億4,524万円($28,985,000)

《HUMAN ONE》(2021年)
画像引用:https://www.artprice.com/

デジタルアーティスト・Beeple(本名:マイク・ヴィンケルマン)のNFT(非代替性トークン)の作品。Beepleといえば、今年3月のクリスティーズで《Everydays – The First 5000Days》が約75億円で落札され、現存アーティストのオークション落札記録第3位とデジタルアート作品の過去最高額を記録して話題を呼んだことも記憶に新しい。本作は「Everydays」に続くもので、1人の宇宙飛行士が世界の荒野を永遠と歩き続けている作品。

予想落札価格:非公開

2)ピーター・ドイグ《Swamped》

落札価格:約51億5,076万円($39,862,500)

《Swamped》(1990年)
画像引用:https://www.artprice.com/

ピーター・ドイグは、1959年スコットランド生まれの現代アーティスト。ゴーギャンやゴッホ、ムンクといった画家たちの作品の構図やモチーフ、映画のワンシーンや広告など様々なイメージを組み合わせて絵画に落とし込む。《Swamped》はドイグの初期の作品であり、代表作のひとつ。1980年に公開されたホラー映画『13日の金曜日』のスチール写真を元にして制作された作品である。

予想落札価格:非公開

1)ジャン=ミシェル・バスキア《The Guilt of Gold Teeth》

落札価格:約51億6,853万円($40,000,000)

《The Guilt of Gold Teeth》(1982年)
画像引用:https://www.artprice.com/

本作もバスキアのキャリア史の中で最も重要な年である1982年に制作されたものであり、同年にバスキアがイタリアのモデナを訪れた際に描いた作品群のひとつ。バラバラに見えるイメージやモチーフを一枚の絵画にまとめているところに、バスキアの画家としての技術の高さが窺える。中央の帽子を被った人物は、ハイチのブードゥー教における重要人物バロン・サムディが描かれている。

予想落札価格:約45億1,400万円〜90億2800万円($ 40,000,000 – 80,000,000)

ANDART関連アーティスト

ダミアン・ハースト《Veil of Hidden Meaning》

落札価格:約1億9,906万円($1,470,000)

《Veil of Hidden Meaning》(2017年)
画像引用:https://www.artprice.com/

ダミアン・ハーストの2010年代後半に制作が開始された「Veil Paintings」シリーズのひとつ。無数の油絵具のドットでキャンバスを埋め尽くされた作品は、草間彌生の「無限の網」シリーズの作品や印象派の画家の厚塗りや点描主義を連想させる。色は混ぜられることなく、隣や上へと幾重にも重ねられていて、美しい色彩を楽しめる作品だ。

予想落札価格:約903万円〜1億3,542万円($800,000 – 1,200,000)

ANDARTでは、オークション速報やアートニュースをメルマガでも配信中。無料で最新のアートニュースをキャッチアップできます。この機会にどうぞご登録下さい。

文:ANDART編集部